スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年の長期熟成酒 

杜の住人?:松岡

皆様、今朝の読売新聞の長期熟成酒の記事、
『日本酒 古酒 歳月に酔う』
はお読みいただけましたでしょうか。

品川の長期熟成酒バー「酒茶論 しゅさろん」
伊勢丹新宿店の長期熟成酒セラー
長期熟成酒研究会の紹介に、
モノクロの杜の長老(本郷)と、カラーの80年熟成酒の写真が掲載されています・・・。
写真の80年熟成酒は、昭和元年の醸造とみられるお酒で、
和歌山県の酒蔵で発見されました。
平成17年の長期熟成酒研究会創立20周年記念で、一般公開されたものです。
20070524180147.jpg

<20周年記念イベントで公開された80年熟成酒>

20070524180204.jpg

<デキャンタに取り分けられたもの 色合いがはっきりわかります>

今、このお酒は研究目的で、酒類総合研究所に大切に保管されています
120年熟成(あと40年!)まで、その変化を追跡する予定です。

いずれ、長老の語りにこのお話しも出てきますので、
香りや味については、その時に。

さて、今週末の26日、27日も、伊勢丹長期熟成酒セラーで
試飲即売
を行ないます。
参加蔵元は、先週に引き続き、栃木の天鷹酒造です。
本年の全国新酒鑑評会も金賞受賞と、その大吟醸の質の高さは折り紙付きデス。
ぜひ、お越し下さい。



こちらもよろしくお願いします!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/59-2d69aea0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。