スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回 勉強会 

杜の住人?:松岡

2月24日 土曜日、有楽町の日本特派員協会にて、第25回勉強会を開催しました。

今回は「長期熟成酒の知識」に重点をおいた勉強会で、
第1部のセミナーでは、6名の方に講演頂きました。

酒販店代表:新橋の「花」店主 伊藤氏
      「古酒の販売について」
料飲店代表:栃木の「蕎麦酒屋くりはし」店主 栗橋氏
      「蕎麦屋で長期熟成酒」
科学的研究分野の解説:新潟 下越酒造? 佐藤社長
      「長期熟成酒の最新研究会説」
       ・熟成香と老香との相対的な違いが明らかに!
       ・熟成酒と紹興酒との違い
       ・濃熟、淡熟 官能特性とタイプ別分類 など
研究会顧問:本郷長老「長期熟成酒百花繚乱」
      元禄二年の酒のきき酒の話から、大正、昭和の長期熟成酒など
自分で造る熟成酒:福井 ?南部酒造場 南部社長
       「自家熟適性酒・悠久の眠り」
       商品特性・悠久の眠りのきき酒
自分で造る熟成酒:岐阜 (資)白木恒助商店 白木社長 
      「自家熟適性酒・未来へ」
       商品特性・経年、新酒のきき酒

そして第2部には、14蔵元が出席!
50点の長期熟成酒に、特別に福井県 花垣さんの貴醸酒などのきき酒も出来ました。
<熟成酒の説明をする白木社長>
20070226165252.jpg


<講演中の南部社長>
20070226165427.jpg



また、酒販店や一般の方が自分で寝かせてつくった「自家熟成酒」25点の人気投票も行われました。
 
 広島の大和屋酒舗 大山氏の「男山復古酒 6年」
 大阪の?アオバ 名手氏の「栄光冨士1級 20年」
 神奈川の?亀井 伊藤氏の「南部美人1999 寝越庵 6年」
の3点が、優秀賞となりました。
濃熟タイプに人気があったようです。
<自家熟成酒のブース>
20070226165519.jpg



ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。
勉強会の運営にご協力頂きました、勉強グループ会員の皆様、
研究会会員の皆様、ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/26-b7e0c1cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。