スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期熟成酒の定義 変更について 

杜の住人?:松岡

長期熟成酒研究会では、1月代表幹事会において、酒税法改正にともなう、長期熟成酒の定義表記変更を行いました。

長期熟成酒は、現在の法律では「特定名称酒」に指定されておりません。
(吟醸酒や大吟醸などは、表示について規定が設けられています。
 長期熟成酒にはそれがありません)
この定義は、研究会が自主基準として定め、実行しているものです。

今まで→『満3年以上蔵元で熟成させた、増醸酒をのぞく清酒』

変更後→『満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒をのぞく清酒』

変更した定義は研究会ホームページでも確認できます。
研究会では、この自主基準が、国の品質表示基準に組み込まれ、
消費者の皆様、流通の皆様に「長期熟成酒」をご理解いただけるよう、
活動・運動をすすめていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/22-c1606f52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。