スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九年酒が結ぶ縁 長期熟成酒〔寿〕報告? 

杜の娘:松岡

思ったより技術研究会の記事が長くなってしまいました;
というわけで、真打の夜のイベント

「2007年秋 九年酒が結ぶ縁
  長期熟成酒〔寿〕」
の様子をお伝えします。

夜の部は、
「婚礼に相応しいお酒・九年酒」をメインテーマとした、
熟成酒を楽しむ会でした。
九年酒というのは、皇室の婚礼の儀の時、
朝見の儀で天皇・皇后様と交す盃で、
「親子固め」とか「お別れの盃」の意味があるそうです。
(現在皇室では、黒豆を酒とみりんで煮出した汁を使用しているそうですが、江戸時代から「九年酒」という名のお酒は、商品として存在していましたので、どこかで現在の煮汁に変わったのではないかと、推測しています)

さて、何で「九年酒」=「寿のお酒」?
まずは、皇室の婚礼の儀の中に登場するということ。
そして「九」という数は、おめでたい数とされる奇数の中で、最大の数であるということ(九月九日の重陽の節句しかり、三々九度の儀式しかり)。
そして熟成酒(古酒)は江戸時代まで、貴重で高貴なお酒として、人々に珍重されていたことなどから、
「慶びの酒」「祝の酒」「婚礼の酒」としての
演出を考えました。

あ、ちょっと説明堅苦しいでしょうか?

<九年酒のブース>
雄ちょう・雌ちょうや、三々九度の盃、
おめでたい柄の布で飾ってみました。
お酒には水引の飾りもついてます☆

20071108174632.jpg



20071108174843.jpg


20071108175047.jpg


20071108175118.jpg


20071108175143.jpg



<貴重Vintageブース>
20年を超える貴重vintageのお酒を集めた特別ブース!
試飲はチケット制ですが、非常に賑わいました。
達磨正宗の終売となっていたvintage「昭和54年純米酒」が、
「達磨正宗1979」として特別登場!
その他にも、1983年の低温純米酒、吟醸酒、
三十年を超える百々登勢や三光正宗のお酒も!
百楽門の1987年も人気があるそうです(By伊勢丹)

20071108175532.jpg


<お燗ブース>
秋冬イベントには欠かせないお燗酒。
熟成酒(古酒)はお燗も美味しいのです!
毎度お世話になっております、?サンシンさま<(_ _)>
今回も美味しいお燗酒をつくっていただきました。

20071108175602.jpg


広めのお部屋でゆったりと、計64点の熟成酒を、
お客様にお楽しみいただきました。

20071108180014.jpg


午後8時半、閉会。
今回のイベントの熟成酒はいかがでしたか?
ご参加の方の感想・ご意見、
蔵元からの感想・提案などなど、お待ちしています。
ぜひコメント下さい!!

**********************************
追伸:本イベントのウェルカムボード

最初は本体だけで、パネルがなくて淋しいと言われ、
急ごしらえで、杜の娘のストールを背景に使用。
抱えて歩いてたから、ちょっとシワ・・・(>_<)

20071108175834.jpg


**********************************
ランキング参加しています!励ましのお言葉・コメントと
一緒に、応援お願いします!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/152-6034f8b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。