スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期熟成酒 NYへ行く!! Vol.1 

杜の娘:松岡

ことの起こりは6月総会・・・の議題。
「秋にニューヨークへ長期熟成酒を出してみませんか?」
「ニューヨーク、ですか?」
「はい、そうです!」


9月27日、全米日本酒歓評会の一般公開きき酒会
「The Joy of SAKE」がNYで行われます。
このイベントに、長期熟成酒を出展いたします

このお話は、NYの高級和食レストラン「MEGU」などの料飲店グループ様より、
「長期熟成酒を出展してみませんか?」とのお誘いを受けたのが始まりです。
MEGU様のお酒担当の方は、長期熟成酒への興味・関心が非常に高いようで、
自ら日本の蔵元巡りをして熟成酒の情報を集めたりもしていらっしゃるとか。
先だって、当研究会会員蔵元の南部美人・奥の松が、長期熟成酒をテーマにした、
お酒担当者様との勉強会に出席・出展。
そのご縁もあり、「The Joy of SAKE」へお料理を出展する、「MEGU」様と一緒に、
長期熟成酒のブースを出させて頂くこととなりました。

アメリカではワインの文化は既に浸透しており、それとの比較がわかり易いこと。
「熟成」はアメリカの方に「時間の概念」を伝えることが出来る要素だということ。
それによって「吟醸」も「純米」もより理解してもらいやすくなる、
サービスの幅を拡げられる、とのお話でした。
スタンダードではなくても「無くてはならないもの」という位置に、熟成酒があります。


そして、奥の松の遊佐専務を団長に、明日26日、
研究会チームと杜の長老が、熟成酒とともにNYに旅立ちます!!

「じいさん、時差ぼけやらエコノミーなんたらやら、いろいろ大変だなぁ」
と呟いている長老ですが、
「冥土の土産に」
何て言われては、負けず嫌いが黙っておりません。
本日は事務所に、大~~きな荷物を持ち込んで、
準備・待機中です。

さてさて、長期熟成酒のNY紀行。
次回は海を渡る熟成酒たちをご紹介します。


ランキングに参加中です。アメリカ遠征にも応援を!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/132-7493ddfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。