スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリームチーズの酒粕漬 

杜の娘:松岡

クリームチーズの酒粕漬
本家本元は、栃木県の島崎酒造(東力士)。
古酒に合わせるためのおつまみとして、絶品です。
元々は蔵見学に来たお客様にお出ししていたそうですが、
今や関西方面のデパートでも需要があるという、
イチオシのおつまみです。

6月、島崎専務様からこの話を聞いた杜の長老・・・。
「ちょっと甘味をつけるんですよ」と、コツを聞いたから、もう止まりません。

さっそくに、会社のお台所(小さい)にて、作ってみました。

材料:
○クリームチーズ(固めのもの)→ある程度の大きさにスライス
○酒粕→長老は吟醸粕を使用
○砂糖→上白糖、黒砂糖などお好みで
○ガーゼ→洗って乾かしたもの
○でっかいタッパー(入れ物)


作り方:
1.クリームチーズをある程度の大きさにスライスします
2.酒粕と砂糖を混ぜます
  砂糖の量は『塩梅』だそうです。この調整には、熟練のカンが必要か!?
3.ガーゼの片面に、酒粕を塗っていきます
4.ガーゼをタッパーの大きさに合わせて、段々折りにします
 (えーと、ハリセンみたいな折り方・・・屏風のような折り方です。解りますか??)
 この折り方、ガーゼの酒粕を塗っていない面の間に、クリームチーズを入れること
が出来ます。取り出しやすくて便利です!
5.ガーゼの間(酒粕を塗っていない面の間)に、クリームチーズを並べます
  それを繰り返して・・・
6.あとは蓋をして、冷蔵庫で保存!
  必ず、冷蔵庫での低温保存をして下さい!

そして約2ヵ月後・・・・・とろりと美味しい、クリームチーズの酒粕漬の完成です!
2ヶ月ほど馴染ませると、ほどよくチーズがやわらかくなり、とろりとした食感になります。
甘味が中までしみ込んで、とっても「ホッとする」お味です。
口の中で吟醸の微かな香りも広がり、ほのかなほろ苦さが後味に残って・・・vv

2ヶ月の我慢が必要ですが、ぜひお試し下さい!!
とっても美味しいですよ!

中間・濃熟タイプの熟成酒とぴったり。もちろん淡熟タイプとあわせても、
香りがマッチするので美味しいですよ。
濃い目の純米酒などでもOK!
この時期には、ひやおろしのやわらかいお酒を、ぬる燗にして合わせてみるのも、
楽しいかも。

ランキングに参加しています。応援お願いします。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jizakenomori.blog82.fc2.com/tb.php/126-ab58779b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。